大型貨物機、誤って小さい空港に着陸 その後無事離陸

大型貨物機が短い滑走路から離陸する様子

(CNN) 米ボーイングの大型貨物機が誤って本来の目的地ではないカンザス州ウィチタの小さな空港に着陸するハプニングがあった。同機は21日午後、普段よりも短い滑走路を利用して、無事に同空港から飛び立った。

誤って着陸したのは大型貨物機のボーイング747型機(ドリームリフター)。ニューヨークのJFK国際空港を飛び立ってウィチタ南東部のマコネル空軍基地を目指していたが、20日夜に着陸したのは、同市北部のコロネル・ジェームズ・ジャバラ空港だった。

ジャバラ空港には管制塔がなく、普段は大型ジェット機が離発着することもない。ドリームリフターが貨物などを満載した状態で離陸するのに必要な滑走路の長さは約2800メートル。だが同空港の滑走路は約1860メートルしかなかった。

空港当局は、好天に恵まれたことや、ニューヨークからの飛行で燃料の多くを使い果たして機体が軽くなっていたことから、滑走路が短くても安全に離陸できると判断した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]