野生のテンに絶滅の危機、マリフアナ解禁が生息地脅かす 米カリフォルニア州

マリフアナ解禁で野生のテンに絶滅の危機?

マリフアナ解禁で野生のテンに絶滅の危機?

(CNN) 米カリフォルニア州とオレゴン州に生息する小動物テンの仲間が、マリフアナ栽培も一因となって、絶滅の危険にさらされている。

同地のテンはフンボルトテンと呼ばれ、体重450~1400グラムほどの小型哺乳類で、リスや小鳥、昆虫、爬虫類などを捕食する。野生の個体数はカリフォルニア州で200匹を切り、オレゴン州でも数百匹と推定される。

カリフォルニア州魚類野生生物局は、同テンを絶滅危惧種に指定するよう、州の委員会に勧告した。これまでは絶滅が懸念される種に分類されていた。

オレゴン州でも保護団体が、州の絶滅危惧種保護法に基づいて保護するよう求めている。

カリフォルニア州魚類野生生物局の報告書によると、テンの生息地は森林伐採や山火事、都市化、気候変動、病気や有害物質、マリフアナ栽培などさまざまな要因によって脅かされている。

中でも同州でマリフアナの使用が合法化されたことに伴い、森林でのマリフアナ栽培も解禁され、その影響がテンの生息地に及んだ。生息地のあるカリフォルニア州北部では、合法・非合法のマリフアナ栽培が盛んになっており、「合法および非合法の大麻栽培解禁は、今後もテンの生息地が失われる原因になり続ける」と報告書は指摘する。

マリフアナ栽培のための農薬使用も懸念される。米国で禁止されている農薬が使われることもあり、報告書によれば、農薬の使用が原因でテンが死んだ事例も確認されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]