狂犬病のボブキャットに襲われた女性、素手で撃退 米

狂犬病のボブキャットを素手で撃退

(CNN) 米ジョージア州に住む女性(46)が自宅前で野生のボブキャットに襲われ、全身傷だらけになりながら素手で撃退した。ボブキャットは後に、狂犬病だったことが分かった。

CNN系列局のWGCLによると、ディディ・フィリップスさんは7日、同州ハート郡にある自宅前で、オオヤマネコの仲間のボブキャットに襲われた。

フィリップスさんは、新しいトラックの写真を撮ろうと家から出たところでボブキャットに遭遇。家の中では5歳の孫娘が眠っていた。

「ここで死ぬわけにはいかない」と勇気を奮い起こしたフィリップスさんは、飛びかかってきたボブキャットを素手でつかんで自分の身体から引きはがし、格闘の末、両手で首を絞めて窒息死させたという。

地元紙の取材に対してフィリップスさんは、ボブキャットが死ぬまで大声で助けを求めることはしなかったと振り返った。「孫娘が出て来てしまうのが怖かった。そうなってほしくないと思った」

両手には深い傷を負い、指は数本を骨折、全身に切り傷やあざが残った。

ボブキャットは翌日の検査で狂犬病の陽性反応が出たため、フィリップスさんはワクチンの接種を受けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]