屋根裏の掃除で清朝の磁器発見、6600万円相当 仏

屋根裏の靴箱の中から清朝時代の希少な花瓶が見つかった

屋根裏の靴箱の中から清朝時代の希少な花瓶が見つかった

(CNN) フランス人の一家が屋根裏を掃除中に見つけた磁器の花瓶を鑑定してもらったところ、60万ドル(約6600万円)を超える価値があることがこのほど明らかになった。来月オークションに出品予定だという。

緻密(ちみつ)な模様や中国絵画が表面に描かれたこの花瓶は、屋根裏にあった古い靴箱の中にしまわれていた。オークション運営会社のサザビーズが鑑定したところ中国の清朝時代にさかのぼる品だということが分かった。

花瓶は現在の所有者の祖父母が親類から譲り受けた遺品の一部。ほかにも「銅製の鏡」などの美術品が存在するという。

サザビーズの専門家は声明でこの花瓶について、粉彩(ファミーユ・ローズ)と呼ばれる技法を用いた磁器で、1736年から95年まで中国を治めた乾隆帝の時代の作品であることを示す目印があると指摘。この年代に制作された粉彩の磁器が市場に出回ることは極めて稀(まれ)だという。

サザビーズでアジアの美術品のオークションを統括するヘンリー・ハワードスニード氏は、今後もこうした掘り出し物が見つかる可能性が高いと期待を寄せる。

同氏は声明で「中国美術は欧州全域で数世紀にわたって愛好され、収集の対象となってきたが、中には時とともにその重要性が忘れ去られている作品もある」と指摘。

そのうえで「現在はコレクターの間で中国美術の人気が非常に高まっている。自宅や屋根裏を探して何か見つかった時は、当社へ持ってきていただきたい」と呼びかけた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]