クリスマスソングは不快? 長期化と連続、心の健康に影響も

小売店もそうした統計を意識して消費者の心をかき立て、財布のひもを開かせようとする。

クリスマスの音楽を場面演出と組み合わせると、買い物客が店内で過ごす時間が増え、購入意欲が高まることは、これまでの研究で実証されている。

買い物客の動向には、クリスマス音楽のテンポも関係する。「ジングルベル」のようにテンポの速い曲を流すと、客足が活気づいて店内を巡回する動きが速くなる。

それを避けようとする店側が、ナット・キング・コールの「クリスマスソング」のようなテンポのゆっくりした曲を流すのは、客に店内で費やしてもらう時間とカネを増やそうとする狙いがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]