「ゾンビのキリスト」、庭のクリスマス飾りが物議 米

「ゾンビのキリスト」で物議

(CNN) クリスマスが近づくと、民家の庭などでキリスト生誕シーンを再現した飾りを見かける。米オハイオ州シンシナティ郊外の住宅地にはこのほど、登場人物をゾンビでそろえた飾りが出現して物議を醸した。

ジェイセン・ディクソン氏が自宅の前庭に建てた馬小屋の生誕シーンには、ゾンビ姿のキリストや聖母マリア、父ヨセフが配置されている。同氏は10月末のハロウィーンに近くで開催している出し物の人形などを使い回そうと思い立ち、昨年からゾンビ版の飾りを設置しているという。

ディクソン氏はフェイスブックで生誕シーンを「素晴らしい芸術作品」と紹介し、自分たちが不信心な家族というわけではないと主張した。

しかし同氏がフェイスブックに投稿した画像によると、この飾りには「神がまゆをひそめている」と書いた文書が届くなど、批判的な声が集中。さらに今月2日には町の行政当局から、「建築規制に反するのでただちに撤去するように」との通知を受けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]