パワーボール宝くじで830億円、当選女性「職場に戻らない」

2017.08.25 Fri posted at 09:57 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 巨額の賞金が当たる米国の宝くじ「パワーボール」で、マサチューセッツ州の女性が1回の当選金としては同国史上最高額となる7億5870万ドル(約830億円)を当て、24日に記者会見して喜びを語った。

幸運の主は医療機関に勤務するメービス・ワンジクさん(53)。マサチューセッツ州の小売店で23日にパワーボールを購入し、同日夜、職場で帰り際に番号をチェックして当選を知った。同僚が当選を確認し、急いで当選券の裏に署名するように促した。「車を運転するどころではなかった。何も手につかなかった」といい、心配した同僚が自宅まで送って行ったという。

ワンジクさんは高額当選を受けて引退を早めることを決め、早速上司に電話して「もう戻らない」と伝えた。24日の夜は当選祝いに何をするかという質問には、「ただベッドの中に隠れる」と笑いを誘った。

ワンジクさんが宝くじを購入した店の経営者は、当選くじの販売で得る手数料5万ドルを慈善団体に寄付すると表明した。

米国では宝くじの当選金は課税対象になる。高額所得者の税率は39.6%。

メールマガジン

[PR]