アイルランドの「消えたビーチ」、33年ぶりに復活

2017.05.09 Tue posted at 14:04 JST

[PR]

(CNN) アイルランド西部のアキル島で、1984年の暴風に押し流されて消えていたビーチが33年ぶりに復活し、地元の人や観光客を喜ばせている。

アキル島観光局によると、大西洋に面した同島南部のドゥーア海岸は、1984年冬の暴風でビーチの砂が「1粒残らず」流出して、むき出しの岩場だけが残った状態になっていた。

ところが今年4月になって、大量の砂が海岸に堆積(たいせき)し、300メートルにわたって続くビーチが出現した。

同地では4月に8日間から10日間ほど、非常に強い北風が続いたという。この風で海面が後退し、海底から巻き上げられた砂が波に運ばれて海岸に打ち寄せられたと思われる。

アキル島は人口3000人足らず。起伏に富んだ地形や手つかずのビーチはグレアム・グリーンやハインリヒ・ベルなどの作家も魅了してきた。

年間の観光客は15万~18万人ほど。しかしビーチの復活が予想外の観光押し上げ効果をもたらし、先の週末は晴天が続いたこともあって大勢の観光客が詰めかけたという。

ただし観光局では、まだ遊泳は勧めていない。「潮流が変わる可能性もあり、ビーチがどの程度安全なのかはまだ分からない」と担当者は言い、泳ぎはドゥーア湾に姿を現すイルカの群れに任せておくのが一番だと話している。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!