米空軍の「謎の」無人宇宙機X37B帰還、衝撃波に住民驚く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無人宇宙機X37Bが帰還

(CNN) 米空軍の再利用型無人宇宙機「X37B」が7日午前、フロリダ州にある米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターに無事着陸した。

同州東部から中部にかけての一帯には日曜朝の同日午前8時ごろ、同機の着陸の影響で大きな衝撃波が伝わり、住民を驚かせた。

住民の女性はツイッターに、「誰かが自宅のガレージに突っ込んだのかと思ったら、ただの衝撃波だった。おどかしてくれてありがとう」と皮肉交じりに書き込んだ。

X37Bがカリフォルニア州ではなくフロリダ州に着陸したのは今回が初めて。同機は718日間、軌道にとどまり続けるという記録も達成した。

しかし同機の任務は依然として謎に包まれている。空軍では「リスク軽減、実験、および再利用可能宇宙船技術のための運用開発コンセプト遂行」と説明しているが、偵察活動や秘密宇宙兵器の実験などに使われているのではないかといった憶測も飛び交っている。

X37Bの軌道滞在日数は、今回で合計2085日になった。空軍は年内に、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から5度目となるX37Bの打ち上げを行う。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「Odd News」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]