修士課程277人に誤って合格通知、直後に撤回 米名門大学

コロンビア大学で修士課程に応募した277人に誤って合格通知を出していた

コロンビア大学で修士課程に応募した277人に誤って合格通知を出していた

ニューヨーク(CNN) 米東海岸のアイビー・リーグのひとつコロンビア大学が、修士課程に応募した277人に対し、受け入れのメールを送ったものの、直後に撤回していたことが20日までに分かった。大学は人的ミスによる誤通知だったとして謝罪している。

間違ったメールを送られたのはコロンビア大学メールマン公衆衛生学部の修士課程に応募した学生。その後、1時間とたたずに撤回されたという。

コロンビア大学は声明で、人的ミスによる誤通知だったとして謝罪。「今回のミスによって引き起こされた混乱とストレスを遺憾に思う」と述べた。

こうしたミスが発生したのは、コロンビア大学が初めてではない。

ニューヨーク州立大学バッファロー校では2016年、誤って5109人の応募者に受け入れのメールを送っていた。カーネギーメロン大学では15年、コンピューター科学の修士課程の800人に対し、受け入れのメールを誤通知していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]