スペースX、ロケット打ち上げ成功 歴史的発射施設を使用

スペースXの無人ロケット「ファルコン9」

スペースXの無人ロケット「ファルコン9」

ニューヨーク(CNNMoney) 米宇宙開発企業スペースXは19日、国際宇宙ステーション(ISS)への補給船を積んだロケット「ファルコン9」を米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げた。

ファルコン9は2016年9月、同州ケープカナベラルの発射台で爆発する事故を起こしていた。スペースXがフロリダ州でロケットを打ち上げるのはこの時以来。

また、今回の打ち上げでは米航空宇宙局(NASA)が2011年7月にスペースシャトルを引退させて以来初めて、ケネディ宇宙センターの第39発射施設が使われた。この発射施設は、月を目指したかつてのアポロ計画にも使われていた。

19日の打ち上げは当初の予定より24時間ずれ込んだものの、ファルコン9に搭載された宇宙船「ドラゴン」は無事切り離されてISSへ向かい、ファルコン9の1段目は地球に帰還した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]