10代の肥満、幼少時の夜更かしで確率2倍に 米調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
調査結果は、早めの就寝で子どもの肥満リスクが半減することを示唆する

調査結果は、早めの就寝で子どもの肥満リスクが半減することを示唆する

この結果についてオハイオ州立大学のサラ・アンダーソン准教授は、「就学前の時点で平日の早い時間に就寝していた子どもは、就寝が遅かった子どもに比べ、青年期になってから肥満になるリスクが半分にとどまった。肥満リスクに関連した別の要素を考慮しても、この結果は変わらなかった」と解説する。

別の研究では、子どもの早寝は行動や認知発達、注意力にも好影響をもたらすほか、悪い夢を見たりなかなか寝付けないといった問題も少なくなることが示されているという。

注意力や行動と睡眠の関係に詳しいカナダ・マギル大学のロイト・グルバー氏は「子どもを早い時間に就寝させれば、脳と身体の修復や回復にとって大切な睡眠時間が確保できるため、身体的健康だけでなく精神衛生上もメリットがある」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]