ロンドンの「ビッグベン」、数カ月沈黙へ 修繕工事

ビッグベンの鐘の音が止まる

ビッグベンの鐘の音が止まる

ロンドン(CNN) 英ロンドンのテムズ川沿いに響き渡り、市民らに親しまれてきた国会議事堂の時計台「ビッグベン」の鐘の音が、来年初めから数カ月の間、鳴りやむことになった。

鐘が止まるのは、157年間にわたるビッグベンの歴史の中で3度目。2900万ポンド(約47億円)の費用をかけて修繕工事を行うためだ。

国会議事堂の北側に立つビッグベンの塔の正式名称は「エリザベス・タワー」で、高さは96メートル。れんがの部分にひびが入ったり、鐘楼が腐食してきたりと老朽化が目立ち、大がかりな修繕が必要になった。

時計が狂ったり止まってしまったりする事態を防ぐための手入れと、振り子や針の点検も計画されている。

鐘楼まで上る334段の階段に加え、新たに障害者や負傷者が利用できるエレベーターを増設する。また、塔の中に初めてトイレも設置される予定だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]