古代ローマの邸宅、英国の農場から出土 過去最大級の規模

1500年前の大邸宅の姿とは

ロンドン(CNN) 英国の農場で納屋の配線工事中に偶然、1500年以上前にさかのぼる古代ローマ時代の邸宅の遺跡が出土する出来事があった。邸宅は保存状態が極めて良好で、特徴的なモザイク模様が残されていた。

英国のラグデザイナー、ルーク・アーウィンさんは昨年、自身の農場の敷地内にある古い納屋に地面の下から電力を供給するため、業者に配線工事を依頼した。45センチほど掘ったところで、オレンジ色とクリーム色と灰色のタイルでモザイク模様を描いた構造物に突き当たったという。

農場は古代ローマ時代の温泉地だった都市バースから約32キロ南東のブリクストン・デベリルにある。

アーウィンさんは配線作業の中断を指示し、考古学の専門家に連絡を取った。その後10日がかりで発掘を行った結果、古代ローマの邸宅としては同国最大級の遺跡が出土した。邸宅は紀元175~220年の間に建設され、4世紀半ばまでに改築されたものと専門家は推定。3階建てで縦横50メートル以上の大きさがあり、当時強い勢力を持っていた裕福な一家の所有だったと思われる。

付近からは浴室棟や井戸、陶器、硬貨などが見つかったほか、住人が食べていたと思われるカキの殻も出土した。アーウィンさんの家の台所付近にあってゼラニウムの栽培に使われていた石造りのプランターは、ローマ時代の子どもの棺だったことも分かった。

英政府機関の考古学専門家はこの邸宅について、極めて大きな価値があり、ローマ時代とそれ以降の英国の歴史を知る手がかりになると期待を寄せている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]