指輪に付けた19世紀の超小型銃、ネットで競売に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
指輪型の小型銃がオークションに

指輪型の小型銃がオークションに

(CNN) 19世紀にフランスで製造された指輪型の超小型拳銃が、インターネットオークションに出品された。

オンラインオークションサイトのCatawikiによると、この銃は直径4ミリの銃口が6つ並ぶ回転式拳銃を金属製の輪に取り付けて、指にはめられるようになっている。落札予定日は18日。

世界最小級の銃とみられ、落札予想価格は1300ポンド(約21万円)。「これほどの希少品がオークションに登場するのは非常に珍しい。世界中からの入札が予想される」と担当者は話す。

赤いベルベットの宝石箱に入って女性用として売られていたといい、当時は殺傷用というより主に護身用に使われていたと思われる。威力はブリキ缶の片側を貫通できる程度だが、指先だけで発射できるのが特徴。

この時代には杖や筆記具などにも銃が仕込まれていたほか、ポケットに入る大きさのデリンジャー銃も普及していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]