「デザイナーベビー」に徐々に近づく生殖医療

「完璧な」子どもを作る 生殖医療

(CNN) 「男性で非常に長身。肩幅は広く、すらっとした体形。完全な左右対称の顔には灰青色の目がきらめき、笑うと少しいたずらっぽい表情に」――。ロマンス小説の描写ではない。インターネット上で精子を購入しようとすると、実際にこんな説明が見つかる。

現在はマウスを数クリックしてクレジットカードを使うだけで、特定のタイプの赤ちゃんの精子や卵子を注文することができる。遺伝子技術が進歩するなか、生まれてくる子どもの種類を選ぶ方法がさらに増える見込みだが、問題となるのは、我々が実際にそれを選ぼうとするかどうかだ。

米ワシントンでは12月1日から3日にかけて、米英や中国の科学者らが集まり、ゲノム編集についての歴史的な国際会議が開催された。議長を務めたカリフォルニア工科大学のデービッド・ボルティモア教授が開会の辞で述べたところによれば、「人間の遺伝的な特質を改変するためのゲノム編集を、我々がいつ利用するのか」をめぐって議論が交わされた。

生殖医療技術は数世代にわたり、時には世論を追い越す形で前進してきた。不妊などに悩む多く親がテクノロジーに目を向ける現在、より健康な赤ちゃんを生み出すだけでなく、突出した特徴を持つ「デザイナーベビー」を作るのに科学を利用するのか、大きな問題となっている。

こうした可能性はSF映画の筋立てのように聞こえるかもしれないが、19世紀からすでに、科学は妊娠に介入していた。医者がデザインした最初の例として知られる赤ちゃんは、1884年生まれ。不妊に悩むクエーカー教徒の夫妻に請われたフィラデルフィアの医者がこの女性に麻酔を施し、医学生から提供された精子を使って人工授精させた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]