子どもの心疾患リスク、親の喫煙で最大4倍に 米学会誌

子どもの時にたばこの煙にさらされると、成人時の心疾患のリスクが高まるという

子どもの時にたばこの煙にさらされると、成人時の心疾患のリスクが高まるという

(CNN) 子どもの時にたばこの煙にさらされると、成長してから心疾患にかかるリスクが4倍になるという調査結果が、米学会誌の今週号に発表された。

それによると、子どもの受動喫煙を防ごうと努めても、親が喫煙していれば、子どもが成長してから心疾患を発症する確率は、親が喫煙しない場合に比べて約2倍になるという。

子どもの前で喫煙するなど煙にさらされるのを防ごうとしなかった場合、この確率は4倍になることが分かった。

研究チームはフィンランドの子ども約1500人について20年以上の継続調査を実施。まず1980~83年のデータをもとに、ニコチンにさらされて血中でできるコチニンという物質の濃度を調べた。

続いて2001~07年に、成人した調査対象者の頸動脈プラークを調べたところ、子どもの時に血中のコチニン濃度が高かった人は、頸動脈プラークの値も高いことが分かった。頸動脈プラークがたまると心疾患の原因となる。

米カリフォルニア大学の喫煙問題専門家はこの調査結果について、「子どもの時の受動喫煙によって、成人してからの心疾患リスクが高まることがさらに裏付けられた」と指摘している。

子どもの受動喫煙を防ぐためには、子どもの前でたばこを吸わない、保育士やベビーシッターは子どもの前で喫煙しない人を選ぶ、喫煙後は着替えるといった配慮が求められる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]