瀕死で救出されたオランウータンの赤ちゃん、回復へ

救出されたオランウータンの赤ちゃん

救出されたオランウータンの赤ちゃん

(CNN) インドネシアで生後間もない時期からペットとして鳥小屋に閉じ込められ、重度の栄養失調で死にかけていたオランウータンの赤ちゃんが救出された。数週間のケアで回復の兆しを示しているという。

オランウータンは生後1年3カ月の「ブディ」。インドネシア・ジャワ島のクタパンで保護され、英国を本拠とするNGO(非政府組織)、国際動物救護団体(IAR)が同市に設置したオランウータン救護センターに収容された。

ブディはそれまで1年間以上にわたり、練乳しか与えられていなかった。飼い主の女性は「果物を与えるのが怖かった。練乳だけで十分だと思っていた」と話したという。ペットとなった詳しい経緯は分かっていない。

タンパク質不足のため全身がむくみ、栄養失調で手足が変形するなど、重篤な状態だったブディ。医師が体を動かそうとすると目に涙をため、声をあげて痛がったという。「これだけ生き延びられたのが驚きだ」と、IARの担当者は話す。

同センターで理学療法や治療を受け、栄養のある食事を与えられた結果、ブディの筋肉は少しずつではあるものの、順調に発達している。今では自力で歩いたり、高い所に登ったりできるようになった。

最初は単独で収容されていたが、しばらくして別のシェルターに保護されたオランウータンの赤ちゃん、「ジェミ」が仲間入りした。2匹とも自分以外のオランウータンを見たことがなかったため、物珍しそうに見つめ合っていたという。

同センターは、ブディに十分な体力がついた時点で野生に帰す予定だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]