米で横行する「たばこ」密売、トラック1台で利益1億円超?

(C)John R. Coughlin/CNNMoney

(C)John R. Coughlin/CNNMoney

ニューヨーク(CNNMoney) 米国で州ごとに大きく異なるたばこ税の差額を利用して、他州から持ち込んだたばこで不正に利益を上げようとする密売ビジネスが横行している。

例えばトレーラー1台分のたばこをバージニア州で買ってニューヨークで販売すれば、194万4000ドル(約1億9000万円)の儲けが出る。

これはアルコール・たばこ・火器爆発物取締局(ATF)が、たばこ600箱入りのケース800個をバージニアからニューヨークに持ち込んだと想定してはじき出した数字だ。

バージニア州のたばこ税は1箱当たり30セント。これに対してニューヨーク州では4.35ドルが課税され、ニューヨーク市ではさらに1.5ドルが上乗せされる。

州をまたいだたばこの販売は法律で禁止されている。しかし米シンクタンクの調査によれば、2011年にニューヨークで売られていたたばこの60%強は、他州から密かに持ち込まれたものだった。この数字は06年の36%に比べて大幅に増えている。

ニューヨーク州に限らず、他州からのたばこの割合が20%を超す州は同シンクタンクの集計で15州に上る。外国から密輸される偽たばこを含めると、年間50億ドルを超す税収が失われている計算になるという。

ATFによると、密売の手口はコンビニエンスストアの経営者が他州で買ったたばこを車のトランクに積んで持ち込むケースから、アジアやロシアの犯罪集団がトラックで大量に持ち込むケースまで多岐にわたる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]