レーザー手術で青い目が手に入る?

レーザー手術で青い目に?

レーザー手術で青い目に?

(CNN) 俳優のポール・ニューマンさんやダニエル・クレイグさんに代表される青い目は、常に憧れの的だった。青い目を持つ人は世界の人口の17%のみ。しかしレーザー手術で茶色い目を青い目に変えられるという方法が開発され、臨床試験が行われている。

ストロマ・メディカル社が開発したこの方法では、眼球の虹彩前層にある茶色のメラニン色素をレーザーで取り除く。グレッグ・ホーマー医師は「基本原則として、すべての茶色い目の下には青い目がある」「茶色い目と青い目の違いは、表面にあるこの薄い色素の層の違いにすぎない」と解説する。

この色素を取り除けば、目に入ってくる光のうち波長の短い青色のみが反射して、空が青く見えるのと同じような原理で目が青く見えるようになるという。

同社のレーザーを用いた方法では色素の層を破壊してこの組織を自然に体から排出させるといい、手術時間はわずか20秒。目が青く見えるようになるまでは数週間かかる。料金は5000ドル(約60万円)を想定している。

まだ米当局には承認されていないが、社内の医療委員会の中間報告では術式の安全性が確認されていると同社は強調する。これまでにメキシコで17人、コスタリカで20人が手術を受けたといい、同社は数年以内に臨床実験を終わらせたい意向だ。

ただ、専門家からはこの手術に疑問を投げかける声もある。英ロンドンの眼科医は、こうした手術を行えば眼圧が上がる原因となりかねず、緑内障の発症につながる恐れもあると指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]