NASAの歴史的瞬間とらえた写真が競売に

アポロ11号のニール・アームストロング船長がバズ・オルドリン飛行士を撮影 (c)NASA

アポロ11号のニール・アームストロング船長がバズ・オルドリン飛行士を撮影 (c)NASA

ロンドン(CNN) 宇宙で撮った初の「自撮り」写真や、月面に降り立った故ニール・アームストロング船長の写真など、米航空宇宙局(NASA)の歴史的瞬間をとらえた写真が26日に英ロンドンでオークションにかけられる。

売り出されるのは1人のコレクターが数十年かけて収集した写真600枚あまりで、主催のブルームズベリーオークションによると、落札予想価格は300~1万ポンド(約5万5000~184万円)、総額で50万ポンド(約9200万円)を見込んでいる。

宇宙初の自撮り写真は、バズ・オルドリン元宇宙飛行士が1966年に撮影した。落札予想価格は600~800ポンド(11~15万円)。

オルドリン氏は1969年、人類初の月面着陸を果たしたアポロ11号でアームストロング船長と共に月面に降り立った。この場面を撮影して有名になった宇宙服とヘルメット姿の写真も売りに出される。

オルドリン氏のヘルメットに写っている人物は、撮影者のアームストロング船長。オークションでは特に注目が集まりそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]