豪男性が携帯の盗難被害、わずか1日で5500万円の請求

携帯電話の盗難に遭った男性が5500万円の請求を受ける羽目になった

携帯電話の盗難に遭った男性が5500万円の請求を受ける羽目になった

(CNN) オーストラリアの男性が欧州を旅行中に盗まれた携帯電話を使われ、57万豪ドル(約5500万円)もの料金を請求される被害に遭った。同国の通信オンブズマンが報告書で明らかにした。男性は電話会社に盗難を届け出ていたにもかかわらず、支払いを要求されたという。

通信オンブズマンに相談を寄せた男性の息子は、欧州を旅行中に携帯電話を盗まれた。地元の警察とオーストラリアの電話会社に届け出たものの、時差があったために電話会社の記録では、盗難が実際に発生した日の翌日に起きたことになっていた。

その結果、ソマリアへの数回の国際電話料金を含め、約57万豪ドルを請求されたという。

最終的にはオンブズマンの仲介で、電話会社はこの請求を撤回した。

ただ、データ通信対応の携帯電話を持って海外に出かける場合、ローミング機能を無効にしなければ、膨大な料金が発生することもある。

34カ国のデータローミング料金について調べた経済協力開発機構(OECD)の2011年の報告書によれば、日本はポーランドに次いで2番目にローミング料金が高く、オーストラリアは7番目だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]