火星探査機キュリオシティ、目的地に到着

キュリオシティは多数のカメラを搭載=NASA/JPL-Caltech提供

キュリオシティは多数のカメラを搭載=NASA/JPL-Caltech提供

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、火星探査機「キュリオシティ」が火星の地表約8キロの旅を経て、目的地のシャープ山に到着したと発表した。

キュリオシティーのツイッターには「シャープ山のふもとに着いた。新しい科学が待っている!」と書き込まれた。

キュリオシティーは2011年11月に打ち上げられ、12年8月に火星に着陸した。シャープ山は巨大なクレーターの中にあり、地層を調べれば火星の各年代の環境の変化が分かると期待されている。

これまでの探査では既に、火星に微生物が存在できる環境があったかどうかという重大な疑問に答えを出している。NASAによると、着陸地点のゲール・クレーターを調べた結果、何十億年も前に存在していた湖に、生命に欠かせない淡水があった痕跡を見つけたという。

シャープ山に向かう途中では、鋭い岩が突き刺さってタイヤ6輪のうち4輪に穴が空き、ルート変更を迫られるなどのトラブルにも見舞われた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]