経験不問、「ワニ対応官」を募集 米フロリダ州

米フロリダ州が「ワニ対応官」を募集=同州魚類野生生物保護委員会提供

米フロリダ州が「ワニ対応官」を募集=同州魚類野生生物保護委員会提供

(CNN) 米フロリダ州は野生のワニの個体数回復に伴って住民の苦情が増えたことを受け、「ワニ対応官」増員のための人材募集広告を出した。条件は柔軟な対応ができて人の話を聞くのがうまく温厚なこと。経験は不問。

職務は住民の苦情対応が中心で、場合によってはワニをつかまえて移動させる役割も担う。そのための研修は受けられる。

州魚類野生生物保護委員会のワニ対応コーディネーター、リンジー・ホードさんによると、州内では「これまで何十年も出没しなかった場所にもワニが戻って来つつある」といい、それに伴って住民からの苦情も増加している。

野生のワニは大部分がエバーグレーズ国立公園に生息しているが、フロリダキーズやマイアミデード、ブロワード両郡の大西洋沿岸地域にも多数が生息。現在は9人の担当官が、住民からの通報に対応したり、ワニの存在に不安を感じる住民の啓発活動を行ったりしているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]