経験不問、「ワニ対応官」を募集 米フロリダ州

対応官の目標は「ワニと人の共生」だという

対応官の目標は「ワニと人の共生」だという

時給は車両費込みで25ドル(約2600円)で、ワニと格闘したいという動機で応募してくる人は不採用。2013年に寄せられた推定200件の苦情のうち、ワニを移動させたのは8件にとどまる。

同州ではワニは絶滅の恐れがある種に指定され、殺すことは禁じられている。体長約2.7メートル以上のワニがうろついているなど定められた条件を満たした場合のみ捕獲し、保護区などに移しているという。「当局の願いは人とワニが共生すること」「ワニを一方的に排除することが目的ではない」とホードさん。

同氏は22日も、ブロワード郡に引っ越してきたばかりという女性に応対した。この女性には幼い子どもと犬がいて、「今になってワニがいることに気づいて不安になった」という。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]