宝くじで400億円当たる 米サウスカロライナ州の男性

宝くじの是非は?

(CNN) 米国の高額賞金宝くじ「パワーボール」でこのほど、宝くじ史上4番目となる1等賞金3億9940万ドル(約394億円)を、サウスカロライナ州の男性が獲得した。

男性は23日に同州の宝くじ当局に申し出た。本人の希望により名前や年齢は公表されていない。

当局者らによると、この男性は州都コロンビア周辺の地域に住んでいる。先週、車で帰宅する途中で妻から「ホットドッグ用のパンを買ってきてほしい」という電話を受け、近くのコンビニエンスストアに立ち寄った。パンはなかったが、宝くじが販売されているのを見かけて購入。宝くじを買ったのは人生で2回目だった。

当選番号は18日に発表された。男性は翌日、自宅で番号をチェックして当選を知った。1億7522万3510本に1本という倍率の大当たり。家族は留守で、愛犬だけがその場に居合わせたという。

同州で出た当たりくじの賞金としては史上最高額を記録した。米国の宝くじ賞金では2012年3月、「メガミリオンズ」で3人グループが当てた6億6500万ドルが最高額となっている。

当選者は賞金を29年の分割で受け取るか、現金一括で2億2300万ドル受け取るかの選択肢がある。男性がどちらを選んだのかは不明だ。

男性の身元はなぞに包まれている。勤務先のレストランでたまたま接客したその相手が、話題の億万長者かもしれない。コロンビア周辺では今後、住民が互いに愛想良く接し合うようになりそうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]