チーターの赤ちゃん、子犬が遊び相手に 米ダラス動物園

チーターの赤ちゃん、遊び相手は?

(CNN) 米テキサス州ダラスの動物園で、チーターの赤ちゃん2匹が遊び相手の子犬と一緒に飼育されることになった。

赤ちゃんチーターの「ウインズピア」と「カマウ」は、バージニア州の野生生物研究施設で7月に生まれた。2週間かけて動物園の職員になじんでもらった後に、ダラス動物園に連れてきたという。

遊び相手に選ばれたのは、同じくらいの年ごろのラブラドール・レトリバーの子犬。スワヒリ語で「平和」を意味する「アマニ」と命名された。犬は人に慣れやすいことから、一般展示に当たって赤ちゃんチーターたちを落ち着かせてくれる効果が期待できるという。

ウインズピアとカマウは、絶滅の恐れがあるアフリカの野生生物について、年間約90万人の来園者に知ってもらうための「動物親善大使」の役割を担う。野生のチーターは推定1万頭にまで減り、絶滅の危機にさらされている。

チーターの成体は体重約60キロ、体高約90センチ。哺乳類の中では走る速度が最も早く、静止状態からわずか3秒で時速96キロまで加速する。

米国ではほかにもサンディエゴ動物園などが、チーターの遊び相手として犬を飼育している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]