少年が5カラットのダイヤを公園で発見 米国

デトラフ君の家族は夏休みの旅行で同園を訪れた=同園提供

デトラフ君の家族は夏休みの旅行で同園を訪れた=同園提供

同公園では、発見したダイヤは発見者の所有となるため、マイケル君もダイヤを自宅に持ち帰った。鉱石採掘に関する情報サイト「Mining.com」によると、マイケル君が発見したダイヤは、カットして研磨すれば1万2000~1万5000ドル(約120万~150万円)の価値があるという。

公園職員によると、マイケル君は探し始めて約10分でダイヤを発見してしまい、マイケル君が父親にダイヤを見せた時、父親はまだ採掘装置をレンタルしている最中だったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]