米バーガーキング、ワッパーを42円で販売 発売当時の値段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米バーガーキングが主力メニューのワッパーを1957年の発売当時の値段で売り出す/Chris Ratcliffe/Bloomberg/Getty Images

米バーガーキングが主力メニューのワッパーを1957年の発売当時の値段で売り出す/Chris Ratcliffe/Bloomberg/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米ファストフード大手バーガーキングは3、4の両日、看板メニューの「ワッパー」を37セント(約42円)で販売する。ワッパーが発売64年を迎えるのに合わせ、「2日間の誕生祝い」として当時の値段に戻す。

このキャンペーンは同社の特典プログラム「ロイヤル・パークス」の会員に独占提供され、注文は同社のアプリ上でのみ受け付ける。

バーガーキングがワッパーの販売を開始したのは1957年。開発に当たった共同創業者のジェームス・マクラモア氏は、人々は大きなバーガーをむしゃむしゃ食べるのが好きだと気づき、「何か大きなものだというイメージを伝えることを意識して」ワッパーと名付けた。

バーガーキングによると、ワッパーはトッピングの組み合わせが潜在的に1024通りもある。今でも同社に欠かせないメニューの一つであり、植物由来のバージョンも販売されている。

今回の価格設定には顧客を取り込み、他メニューへの支出を促す狙いもある。米マクドナルドも最近、エッグマックマフィンを発売当時の63セントで販売した。どちらのキャンペーンも割引を受けられるのは特典プログラムの会員のみとなる。

バーガーキングは今年から特典プログラムの対象地域を全米に拡大した。紙クーポンの廃止やデジタル注文への移行をめざす幅広い取り組みの一環であり、親会社のレストラン・ブランズ・インターナショナルは業績説明会でこれまでの登録者数に満足感を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]