ドル指数、3カ月で2.5%下落 インフレ懸念の高まりで

主要通貨に対する米ドルのレートを示す「ドル指数」が過去3カ月で約2.5%下落した/Shutterstock

主要通貨に対する米ドルのレートを示す「ドル指数」が過去3カ月で約2.5%下落した/Shutterstock

ニューヨーク(CNN Business) ユーロや円などの主要通貨に対する米ドルのレートを示す「ドル指数」が、過去3カ月で約2.5%下落したことが分かった。

ドル安の要因としては、インフレ懸念の高まりに加え、米連邦準備制度理事会(FRB)が当面、インフレ懸念にもかかわらず政策金利をゼロ付近に据え置くとの見通しが挙げられる。インフレと歴史的な低金利はいずれも、通貨の価値を下押しする。

近い将来の海外旅行や輸出品購入を検討している米国人の場合、ドルの下落とともにこれらの値段が上がるため、ドル安は悪いニュースとなる。

ドル安はまた、石油や食品などのコモディティー(商品)がこのところ高騰している一因でもある。

一方、優良多国籍企業に出資する投資家は期待感を示している。アップルやマイクロソフト、コカコーラ、キャタピラーなど、海外で多くの売り上げを稼ぐ企業にはドル安が追い風となる。

その理由は、こうした企業の製品が海外の消費者にとって購入しやすくなること、ドル換算したときに国際取引による販売額が上がることにある。

中国をはじめとする新興市場の企業も、ドル安の恩恵を受けそうだ。新興国株に投資する上場投資信託「SPDRポートフォリオ新興市場ETF」は過去3カ月で約7%上昇した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]