豊洲市場で初セリ、276キロのマグロに1億9300万円

東京豊洲市場で行われた初セリで、マグロに約1億9300万円の値が付いた/Takashi Aoyama/Getty Images

東京豊洲市場で行われた初セリで、マグロに約1億9300万円の値が付いた/Takashi Aoyama/Getty Images

(CNN) 東京の豊洲市場で5日、初セリが行われ、608ポンド(約276キロ)のマグロに約1億9300万円の値が付いた。

マグロを競り落としたのは、木村清社長が率いるすしチェーン「すしざんまい」の運営会社。

今回の落札価格も高額だが、過去にはこれ以上の値が付いたこともある。2019年の初セリでは612ポンドのマグロに3億3360万円の値が付いていた。

木村社長は、高額だったが、令和最初のセリで落札できてうれしいと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]