ゴーン被告逃亡、レバノンに国際手配書 トルコで逮捕者

カルロス・ゴーン被告/Eugene Hoshiko/AP

カルロス・ゴーン被告/Eugene Hoshiko/AP

東京/香港(CNN Business) 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した問題で、レバノン当局は2日、国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)からゴーン被告の身柄拘束を求める「国際逮捕手配書」を受け取ったことを明らかにした。

ゴーン被告が日本から出国した方法は依然不明。ロイター通信と英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、民間警備会社が脱出にかかわったと報道。計画作成には数カ月を要したと伝えている。

一方、トルコ最大都市イスタンブールの当局は2日の声明で、ゴーン被告の「違法な出国」に関連して、警察が7人を拘束したと発表した。アナトリア通信によると、ゴーン被告は同市内のアタチュルク空港を経由。イスタンブール検察の要請で民間航空会社のパイロット4人と管理職員1人、地上スタッフ2人を拘束したという。

航空機追跡サイト「フライトレーダー24」からは、あるプライベートジェット機が大阪からイスタンブールに到着し、その後別の機体がレバノンへと向かったことがわかる。その到着時刻はゴーン氏のレバノン到着の時と同じ時間となっている。

家宅捜索前のカルロス・ゴーン被告の自宅前に集まる報道陣=2日/Yuki Sato/Kyodo News via AP
家宅捜索前のカルロス・ゴーン被告の自宅前に集まる報道陣=2日/Yuki Sato/Kyodo News via AP

東京地検は2日、ゴーン被告が出国前に滞在していた住居の家宅捜索を行った。CNN提携局のテレビ朝日によると、検察は警察と協力して、住居周辺の監視カメラの解析を進めている。

ゴーン被告は報酬を過少記載した罪や日産の資金を不正に支出した罪で起訴され、日本で公判待ちの状況だった。2018年11月に逮捕された後、日産や三菱自動車の役職を解任され、仏自動車大手ルノーの取締役も辞任した。

保釈条件として日本国内にとどまることが求められていたが、ゴーン被告は今週、日本の「仕組まれた」司法制度から逃れるため、出国してレバノン入りしたと発表していた。

カルロス・ゴーン被告の自宅に捜索に入る検察=2日/Yuki Sato/Kyodo News via AP
カルロス・ゴーン被告の自宅に捜索に入る検察=2日/Yuki Sato/Kyodo News via AP

CNN Businessはゴーン被告が日本を脱出した状況を確認していない。ゴーン被告は家族が脱出に関与したとの報道に対して、「そうした全ての臆測は不正確で間違いだ。私は一人で脱出を準備した。家族は何もかかわっていない」と否定する声明を出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]