ホロコースト犠牲者の制服に類似、ロエベが謝罪

from Loewe

from Loewe

(CNN) スペインの高級ファッションブランド「ロエベ」は24日までに、新たなコレクションとして売り出していたシャツなどがナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人の大量虐殺)犠牲者の制服に似ているとして非難されたことを受け、謝罪した。

社のインスタグラムのアカウント上で表明し、関連商品を公式サイト上の販売の対象品から削除した。

問題の商品は、19世紀の英国の陶芸家ウィリアム・ド・モーガンに触発されて手掛けたとするコレクションの一環で今月14日から販売開始。ただ、縦じま模様やボタンダウンのシャツ、同様のデザインのズボンが強制収容所のホロコースト犠牲者の制服に似ているとして多くの批判を招いていた。

インスタグラム上でファッション業界の問題点などを指摘するアカウント「ダイエットプラダ」も非難していた。

ロエベは声明で、ホロコースト犠牲者の制服との類似点に触れ、「われわれの意図では決してなかった」と釈明。「われわれが尊ばれるべき記憶に無神経と受けとめたかもしれない関係者に謝る」と続けた。

博物館に展示されている、第2次世界大戦で使われた囚人服=メキシコ市/HECTOR GUERRERO/AFP via Getty Images
博物館に展示されている、第2次世界大戦で使われた囚人服=メキシコ市/HECTOR GUERRERO/AFP via Getty Images

ファッションブランドがホロコースト犠牲者の悲劇を想起させかねない衣料品を売り出して批判されたのは今回が初めてではない。

スペインに同じく拠点がある「ザラ」も2014年、強制収容所のユダヤ人収容者の制服にあった黄色の星印をあしらったしま模様のTシャツを販売し、謝罪を表明した。

同社は当時、この星印は古典的な西部劇映画に出てくる保安官の星印に着想を得たものと説明。ただ、Tシャツの販売開始から数時間後には商品を撤収させていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]