トランプ氏、対中関税の引き上げを表明 米株価が下落

トランプ大統領が対中関税の25%への引き上げを表明した/Chip Somodevilla/Getty Images North America/Getty Images

トランプ大統領が対中関税の25%への引き上げを表明した/Chip Somodevilla/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領は5日、中国からの2000億ドル(約22兆円)分の輸入品に課す追加関税を、現在の10%から10日以降は25%に引き上げると表明した。

トランプ氏はツイッターへの書き込みで、残りの中国製品すべてについても近く25%の制裁関税を課すと予告した。

米中間では昨年来の貿易協議が大詰めを迎え、8日には中国から劉鶴(リウホー)副首相率いる大規模な交渉チームがワシントン入りする予定。トランプ氏のツイートには、交渉の最終局面に向けて中国への圧力を強める狙いがあるとみられる。

これを受けて米株式市場では、5日夜の時間外取引でダウ先物が400ポイント以上、ナスダックも100ポイント以上下落した。週明けの取引への影響が懸念される。

トランプ政権は今年初め、中国との貿易協議で3月1日までに合意が成立しなければ制裁関税を引き上げるとの方針を示していたが、期限直前にこの措置を無期限に先送りすると発表した。

トランプ氏は3日、ホワイトハウスでの会見で対中交渉は順調に進んでいると強調し、「歴史的な合意」が近付いていると述べたばかりだった。しかし5日のツイートでは、交渉の進展が「遅すぎる」と不満を示し、中国側が再交渉を試みているせいだと非難した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]