小型機残骸から収容の遺体、サラ選手と確認 英警察

小型機残骸の遺体はサラ選手と確認された/LOIC VENANCE/AFP/AFP/Getty Images

小型機残骸の遺体はサラ選手と確認された/LOIC VENANCE/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 英ドーセット州の警察は8日までに、イギリス海峡に墜落した小型機の残骸から収容した遺体について、検視当局がサッカーのエミリアーノ・サラ選手(28)のものと正式に確認したことを明らかにした。

ドーセット警察はまた、サラ選手とパイロットのデービッド・イボットソンさん(59)の家族にこの情報を伝えたと説明。専門の訓練を受けた担当者が引き続き家族をサポートしていくと述べた。 警察は引き続き死亡時の状況を調査する方針。

サラ選手はアルゼンチン出身。フランスのサッカーチーム、ナントから、イングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティへ移籍が決まったばかりだった。

サラ選手とイボットソンさんを乗せた小型機はフランス北部ナントから英ウェールズのカーディフに向かう途中、1月21日にイギリス海峡のチャンネル諸島付近で消息を絶っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]