メキシコ人のDNAに応じて運賃割引、アエロメヒコが新キャンペーン

キャンペーンではテキサス州ウォートンで、住民にメキシコについての意見を聴いたインタビューも収録した/From Aeromexico

キャンペーンではテキサス州ウォートンで、住民にメキシコについての意見を聴いたインタビューも収録した/From Aeromexico

ニューヨーク(CNN) 米国から2017年の1年間で約3500万人の観客が訪れた隣国メキシコ。しかし両国は国境をはさんで政治的対立を強めている。

そうした中、メキシコを代表する航空会社のアエロメヒコが「DNAディスカウント」のキャンペーンを開始した。DNA鑑定でメキシコ人の遺伝子が確認された米国人を対象に、割引運賃を適用する。

割引率はメキシコ人の遺伝子の割合に応じて決まる。例えばメキシコ人の遺伝子が15%の場合、運賃は15%割引になる。

両国間の移民の歴史を紹介する図表も公開し、メキシコ人の遺伝子の割合を州ごとに比較。アリゾナやユタなど米西部の州では、特に割合が高くなっている。

キャンペーンではテキサス州ウォートンで、住民にメキシコについての意見を聴いたインタビューも収録した。インタビューにはメキシコ観光に関心はないと言い切る住民や、ブリトーやテキーラなどメキシコからの輸入品は好きだという住民などが登場する。

そこで自分のメキシコ人の遺伝子の割合を告げられると、動揺したり戸惑ったりする様子を見せた。中には驚きながらも楽しそうな様子の夫婦もいて、夫が妻を相手に、自分の方がメキシコ人の遺伝子比率が高いと言ってからかっていた。

今回のキャンペーンでは政治家の名や政治的問題には言及していないものの、アエロメヒコは宣伝を通じ、両国間の対立について検証を試みているようだ。

米国のトランプ大統領は、両国の国境を隔てる壁の建設強行を主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]