米テスラ、上海工場建設に着手 中国でのEV生産拠点に

上海工場の着工式でスピーチするテスラのイーロン・マスクCEO/Qilai Shen/Bloomberg via Getty Images

上海工場の着工式でスピーチするテスラのイーロン・マスクCEO/Qilai Shen/Bloomberg via Getty Images

ニューデリー(CNN Business) 米電気自動車(EV)メーカー、テスラは7日、中国・上海で大規模な新工場の建設を開始した。同社初となる米国外の工場で、完成後は将来的に年間50万台を生産する計画だという。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はツイッターで、初期段階の建設を今夏にも完了し、年末までには最も安価な「モデル3」の生産開始を目指すと述べた。

上海市によれば、テスラが建設予定の巨大工場は、製造業の分野で海外企業が行った同市向けの投資の規模として過去最大。将来的に掲げる生産目標は年間50万台で、これは現在米国内で生産している台数のおよそ5倍に上る。

マスクCEOは、モデル3とクロスオーバー車「モデルY」の「手ごろな価格のバージョン」を上海工場で生産すると説明。両車種の高価格のバージョンや「モデルS」、「モデルX」といった車種については、引き続き米国内で生産し、中国を含む世界市場に売り出していく方針を示した。

現地生産で価格を引き下げることができれば、中国国内のEVメーカーに対する競争力が高まることも期待できる。中国自動車業界の調査会社の創業者は「テスラ車が価格で勝負できるようになれば、中国市場の勢力図は一変する」と指摘。国内の全てのEVメーカーにとって脅威になり得ると分析した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]