ポルシェ初のEVスポーツカー、車名は「タイカン」に

ポルシェ初のEVは来年にも発売される見通し

ポルシェ初のEVは来年にも発売される見通し

ニューヨーク(CNNMoney) ドイツ自動車メーカー、ポルシェ初となるスポーツEV(電気自動車)の車名が「タイカン」となったことがわかった。来年後半にも発売されるとみられている。

「タイカン」の名前はトルコ語に由来しており、「生き生きとした若馬」といった意味。ポルシェのエンブレムに描かれている跳ね馬とかかっているという。

開発時の名前は「ミッションE」で2015年のフランクフルト・モーターショーでコンセプトカーが登場していた。

ポルシェはすでにハイブリッド車(HV)の生産は行っているが、EVは初めてとなる。

搭載した2基のモーターの最大出力は600馬力超。とまった状態から3.5秒未満で時速60マイル(約96キロ)に加速できる。一度の充電で300マイルの走行が可能となる見通し。15分の急速充電でも240マイル走行できるという。

ポルシェは協力企業とともに全米の高速道路やポルシェのディーラーに500カ所の急速充電できるスタンドを設置することを目指している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]