トランプ氏、関税問題で強硬姿勢 各国との対立浮き彫り

2018.06.10 Sun posted at 10:14 JST

[PR]

(CNN) トランプ米大統領は9日、主要7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれていたカナダ・シャルルボワでの記者会見とツイッターへの書き込みで、他国が米国に高い関税を課していると改めて批判した。

トランプ政権が最近、鉄鋼、アルミニウムの輸入制限を発動したのに対し、カナダや欧州連合(EU)は報復措置を表明している。

しかしトランプ氏は会見で、関税や補助金の撤廃が「最終的な目標」だと語った。

その後のツイートでは「他国が米国の農民や労働者、企業に莫大な関税を課すことを許さない」「何十年もの末にとうとう公平で互恵的な貿易が実現する」と強調した。

G7サミットの場で実際に関税撤廃を提案したと述べ、各国首脳との関係は「非常に良好」との見方を示した。

同氏は貿易赤字の削減を公約に掲げ、問題の原因は他国の不公正な貿易慣行にあると唱えてきた。

G7サミットに出発する前にも、米国が長年、他国からの不公平な関税に苦しんできたと主張。「それが変わる。関税は大きく下がる。米国はみんなに中身を盗まれている貯金箱のようだが、それも終わる」と予告していた。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]