米中通商協議、来週ワシントンで再び 貿易摩擦回避へ

中国の副首相らが訪米し、ワシントンで通商協議が行われる

中国の副首相らが訪米し、ワシントンで通商協議が行われる

香港(CNNMoney) 米ホワイトハウスは7日、米中通商協議の2回目の会合が来週、米首都ワシントンで開かれることを明らかにした。

中国の劉鶴(リウホー)副首相が訪米する見通しとなった。

米中は貿易摩擦の回避に向け、北京で先週、1回目の閣僚級協議を開催。米国のムニューシン財務長官、ライトハイザー通商代表部(UTSR)代表らと劉氏率いる中国代表団が2日間にわたって話し合ったものの、突破口は見つからなかった。

中国側は先週、北京での協議で一定の進展はあったとしたうえで、一部の争点をめぐっては両国の隔たりが依然として大きいことを認めていた。

ホワイトハウスのサンダース報道官は7日の記者会見で、「だれにとっても素晴らしい」結果を目指していると述べたが、交渉の詳細には言及しなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]