米中、貿易戦争回避に向けた交渉も進行中

貿易戦争回避に向け、米中の政権幹部が交渉を進めているという

貿易戦争回避に向け、米中の政権幹部が交渉を進めているという

香港(CNNMoney) トランプ米政権が発表した対中関税措置に中国側が報復を表明するなど敵対的な応酬が続くなか、米中間で貿易戦争を回避するための交渉も進んでいることがこのほど明らかになった。

米国のムニューシン財務長官は25日、米FOXニュースとのインタビューで中国の当局者と交渉していると述べ、「我々は貿易戦争を恐れていないが、それを目的にしているわけではない」と強調。米国は関税措置を進め、中国による対米投資の規制も検討しているとしたうえで、「同時に中国と交渉して合意の可能性を探っている」と語った。

米国は中国に対し、自動車業界などで外国企業が中国に進出する際の合弁規制や技術移転の強制をやめるよう働きかけている。

米紙ウォールストリート・ジャーナルが匿名の情報筋の話として報じたところによると、ムニューシン氏と米通商代表部のライトハイザー代表は先週、中国側に書簡を送って具体的な要求事項を伝えた。この中には米国製自動車への関税の引き下げや米国製半導体の購入拡大、中国金融市場の開放などが含まれていたという。

ムニューシン氏はインタビューで、中国側と「非常に建設的な対話」をしていると述べ、合意の成立に慎重な姿勢ながらも期待していると語った。ただし、トランプ氏が署名できるような合意がない限り、関税などの措置は続行するとの構えを示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]