カタツムリ粘液入り化粧品、米国でも主流に?

2017.11.15 Wed posted at 12:59 JST

[PR]

ロンドン(CNNMoney) カタツムリのネバネバした粘液から生成する抽出物のムチンを原料とする化粧品が、韓国から米国に上陸して存在感を高めつつある。

市場調査会社ユーロモニター・インターナショナルによると、韓国製のカタツムリ・クリームは2011年以来、米国で急速に進出を拡大してきた。

今では大手小売りチェーンのターゲットやCVSでも扱うようになり、「絶大な」反響があるという。ただ、両チェーンとも販売数は公表していない。

韓国製の化粧品を両社に供給している業者は、カタツムリ・クリームについて「当社のウェブサイトでもトップ級の売れ行き」と説明し、「韓国ではある意味で主流の成分になりつつある。ここ米国でもいずれそうなると思う」と予想する。

カタツムリのムチンは1995年、チリの化粧品メーカー、エリシーナが初めて化粧品に使用した。ヒントになったのは、カタツムリを扱うと傷の治りが早いという農家の証言だった。

メールマガジン

[PR]