中国初の国産大型ジェット、上海で初飛行に成功

中国の国産大型ジェット旅客機第1号となる「C919」が初飛行に成功

中国の国産大型ジェット旅客機第1号となる「C919」が初飛行に成功

シアトル(CNN) 中国初の国産大型ジェット旅客機「C919」が5日、上海の浦東国際空港で初飛行に成功した。世界的な航空機製造国として欧米に対抗したい中国の取り組みにおいて、重要な節目となった。

今回の初飛行により、中国は米国やロシア、フランスなどと並び、国産大型機の開発を実現した数少ない国の仲間入りを果たすことになる。

製造を手掛けたのは国営の中国商用飛機(COMAC)。座席数は168席で、エアバスA320型機やボーイング737-800型機とほぼ同じ大きさとなっている。

初飛行は世界中の人々が見守った。またCOMACは、初飛行の機内の様子を公開する異例の対応も実施。試験パイロットの肩越しにコックピット内の実況中継を行った。ボーイングもエアバスも初飛行の際にコックピットの様子を実況中継したことはない。

今回の初飛行は、C919開発の過程における最大の節目だ。ただ、乗客を搭乗させて欧米企業と競争するまでにはまだ長い道のりが残されている。

今回の飛行試験の開始を皮切りに、当局の認可を取得するための試験が数カ月~数年にわたり行われるほか、安全基準を満たすため設計の変更が求められる可能性もある。COMACはまた、同機が効率的かつ確実にスケジュール通り運航できることを示し、中国などの航空会社の信頼を勝ち取る必要もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]