自撮りで決済承認、パスワードより安全に 米マスターカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロンドン(CNNMoney) クレジットカード大手の米マスターカードは23日までに、インターネット通販でパスワードの代わりに自撮り写真や指紋を使って決済を承認できる新サービスを北米や欧州で導入すると発表した。

新サービスは米国とカナダ、英国などの大手銀行と組んで数カ月以内に提供を開始する。5年以内に世界で普及させることを目指す。

自撮り認証はマスターカードの専用アプリをダウンロードして、買い物のたびにこのアプリで顔写真を自撮りする。撮った写真は顔認識技術を使って解析し、本人であることを確認すると、決済が承認される。

過去の写真ではなくその場で撮った写真であることを確認するため、自撮りの際はユーザーがまばたきする必要がある。

指紋認証はアップルの「iPhone6」「同6s」など新型のスマートフォンで利用できる。

従来のようなパスワードを使った決済では、他人に推測されやすい安易なパスワードが使われがちだった。このため顔認識技術や指紋認識技術を使った方が安全性は高いとマスターカードは説明する。

今後は利用者の心拍の計測や虹彩スキャン、音声認識などの技術を使った決済承認についても検討しているという。

金融機関では大手のHSBCも、電話バンキングサービスで音声や指紋を使って本人確認ができるようにすると発表していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]