中国の元要人ら150人が米に逃亡、腐敗絡み リスト提供

上海の夜景。経済発展続く中国で政権による腐敗取り締まりが進む

上海の夜景。経済発展続く中国で政権による腐敗取り締まりが進む

香港(CNNMoney) 中国の国営メディアは28日までに、汚職容疑が持たれている中国政府の元要人ら少なくとも150人が米国に逃亡したとみられ、氏名のリストを米国側に提供し、潜伏先特定、訴追や身柄送還などでの協力を求めていると報じた。

リストには拘束を目指す上での優先順位なども付けられているという。米国務省はリストが提供された事実を確認。中国側は、優先順位が高い人物の追跡ではより多くの証拠を示すことも約束したという。

米中両国政府は共に、リストに載っている人物の詳細は明かしていない。ただ、米司法省によると、米国内では少なくとも1人の中国人が中国政府の協力を得て逮捕されたという。

習近平(シーチンピン)国家主席率いる中国指導部は政府当局者や企業幹部らを対象にした大規模な腐敗摘発に着手し、これまで多数を逮捕などしている。昨年には経済犯罪への関与が疑われ、国外に逃れた中国人富裕層を新たに取り締まる方針を決めていた。

中国の国営メディアによると、海外で捕まり中国へ身柄送還された経済犯罪の容疑者は昨年10月以降、17カ国からの49人となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]