米ボーイング、「衝撃波減衰バリア」の特許を取得

ボーイングが「衝撃波減衰バリア」の特許を取得=米特許商標庁提供

ボーイングが「衝撃波減衰バリア」の特許を取得=米特許商標庁提供

(CNN) 米航空宇宙大手ボーイングが、SF映画に出てくるようなシールドバリアを張り巡らせて爆発の衝撃から車両などを守る技術について、米特許商標庁の特許を取得した。

ボーイングが取得したのは2012年に出願した「電磁アークを通じた衝撃波減衰の方法とシステム」に関する特許。近くで爆発などを感知すると、防御対象の車両との間に「プラズマフィールド」と呼ばれる空間を作り出し、衝撃波から守るという。

この仕組みについて特許では、「第1液状媒体の選ばれた区域を急加熱することによって、第2の一時媒体を作り出し、保護対象資産に到達する前に衝撃波を防いでエネルギー密度を減衰させる」と説明している。

理論的には、レーザーまたはマイクロ波や電気アークを使って空気の中に超高温区域を作り出すことにより、衝撃波はこのプラズマフィールドにぶつかって消散するという。これでバリアの中にある車両などは損傷せずに済むか、少なくとも爆風を免れる。

ただし爆弾の破片や飛んでくる残骸までは防げないという。また、プラズマフィールドは一時的にしか形成されないため、SF映画に登場するような全包囲バリアにはならないようだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]