W杯のテレビ観戦で偽の「診断書」売買 中国

中国のネット上ではW杯を前に偽の診断書の売買が目立っている

中国のネット上ではW杯を前に偽の診断書の売買が目立っている

(CNN) ブラジルで12日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)本大会で、中国の地元メディアは試合開始の大半が中国時間で深夜や未明に集中しているため、テレビ観戦するサッカーファンが偽の病欠証明書をオンラインショッピング市場で購入する動きが目立っていると報じた。

中国のネット通販サイト「淘宝」(タオバオ)では複数枚の証明書の価格が安ければ1人民元(約16円)で手に入る。より本物に見える病院名のスタンプや医者の診断の走り書きなどが入ったものは1枚300人民元だという。

W杯ブラジル大会の試合は中国の現地時間で深夜もしくは午前3~6時の間に開催されるのが大半。地元メディアは試合時間について、W杯史上、「最大の時差がある大会」と評している。

証明書の入手を考えているというサッカーファンの1人は地元メディアの取材に、「試合の録画は意味なく、実況中継の鑑賞こそがだいご味」と指摘。「実況を見たら眠くなり、上司に怒られるだろう」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]