南アフリカで盛り上がる地ビールビジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南アで盛り上がる地ビールビジネス

南アフリカ・ケープタウン(CNN) 今世界は、各地域の独立した地ビール醸造所ブームに沸いているが、最近、南アフリカでも地ビールビジネスが盛り上がりを見せており、小規模の地ビール醸造所が増えつつある。

ケープタウンでも最近いくつかの地ビール醸造所が誕生しており、デビルズピーク・ブルーイング・カンパニーはそのうちの1社だ。同社の共同創業者ダン・バーデンホースト氏は「(地ビールに対する)需要は巨大だ」と語る。

強力なビール文化を持つ南アフリカでは、従来、消費者は大量生産されたビールを選んできた。現在、世界第2位の醸造会社SABミラーの子会社、サウス・アフリカン・ブルワリーが同国のビール市場で9割以上のシェアを握っているが、小規模の醸造所も徐々に頭角を現し始めている。

1980年代はじめに南アフリカ初の地ビール醸造所として、ケープタウンを拠点とするミッチェルズ・ブルワリーが開業してから約30年が経過した今、地ビール醸造所の数は全国で50以上と推定され、その数はここ2、3年で倍増している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]