米ボーイング、787―9の1号機を披露 来年就航へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ボーイングがお披露目した「787―9」=同社提供

米ボーイングがお披露目した「787―9」=同社提供

(CNN) 米ボーイングの新鋭機「787」(ドリームライナー)の派生機となる「787―9」の1号機が完成し、ワシントン州エバレットの工場で披露された。

787-9は機体の全長が約63メートルと、これまでの787に比べて約6メートル長く、座席数は40席多い。航続距離も長くなる一方、燃料消費は同サイズの航空機に比べて20%削減できる。まず2014年半ばにニュージーランド航空に引き渡される予定だという。

ボーイングの787はこれまでに82機の発注を受けており、このうち42機を米アメリカン航空が、30機をシンガポール航空が発注している。

787―9については2機目と3機目が組み立ての最終工程にあり、同社は予定通りのスケジュールだと説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]