所得税が高い国、60%でデンマークが首位 OECD調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
所得税の最高税率はデンマークが1位

所得税の最高税率はデンマークが1位

ニューヨーク(CNNMoney) 米国で財政均衡と税制改革を巡る議論が続くなか、見落とされがちなのが諸外国との比較だ。経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国のうち、昨年所得税の最高税率が最も高かったのはデンマークの60.2%だったことが2日までに分かった。

この税率は、年収約5万5000ドル(約510万円)以上の層に適用される。

米国では、39.6%の連邦所得税に各州独自の所得税が加算される。州の所得税を課さない州も7つあるが、最も高いカリフォルニア州を例に取ると、昨年の最高税率は計43.6%。今年は47.6%に引き上げられたが、それでもデンマークをはるかに下回る。最高税率を適用する年収の基準も約40万ドルと、デンマークの7倍以上だ。

最高税率の適用基準は国によって大きく違う。たとえば、英国とオーストリアの昨年の最高税率はいずれも50%だったが、適用対象は英国が年収22万1424ドル以上としているのに対し、オーストリアは9万6374ドル以上だった。OECD加盟国の中で、適用対象となる年収のラインが米国より高いのは韓国、カナダ、スペインの3カ国だけだ。

もちろん、所得税の最高税率や適用基準をみただけで各国の税制全体を比較することはできない。たとえば消費税または付加価値税(VAT)も大きな要因だ。

ここでもデンマークの税率はOECD内のトップで、25%に上る。一方、米国は加盟国の中で唯一、連邦レベルのVATを採用していない。カリフォルニア州では、食品と処方薬を除いた品目に7.25%の税がかかり、市によってこれに最大2.5%が加算されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]